- 未分類

トラブルの多い借地権付き物件の相続

借地権いくら自宅とは言えども、自分で購入していないというケース、つまり父親が購入した物件ならば息子さんや娘さんがその物件に対して何の情報も知らされていないといった話はよくあります。その土地がどのような土地で、その建物がどのような建物であるか、父親の死後になって初めて分かったといったケースは少なくなく、こういったケースでは遺産の相続におけるトラブルが発生しやすいものです。特にその建物が借地権付きの建物である場合や、借地権付きの土地を持っていた場合にはなおのことトラブルが起こりやすく、遺産相続の現場ではこのような話をよく耳にします。

そもそも借地権とはどのようなものかというと、借りた土地に建物を建てる権利を指します。土地は地主さんから借りて、その土地に一戸建て住宅を建てて住んでいるというケースは近年では少なくなってきましたが、父親や母親の代にはそれなりに多く、したがってその息子さんや娘さんが遺産相続で受け継ぐことになり、今になってトラブルが発生するというケースが多くなってきているということです。借りた土地に建物を建てた場合、その資産はどのようになるのかというと、建物だけは父親の物、土地は地主さんの物というねじれ状態になってしまい、このねじれ状態もトラブルが発生してしまう理由の1つに挙げられます。当サイトでは具体的なトラブル事例と、どのような解決方法が考えられるかという点についてご紹介していきます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です