- 未分類

困った時は専門家に相談を

上記のようなケースでは、その建物を一旦売却処分するという現実的な解決策が考えられ、多くの方々がこの方法で実際に問題を解決していますが、逆に借地権付き物件を所有していて相続にてトラブルが発生しているというケースでは、そもそも買い手がつかないことが多く売却処分できず、論争が泥沼化してしまうことも少なくありません。そんな場合には専門家の力を借りて相続の問題を解決していった方が、双方がより納得した解決になりますのでおすすめです。

相談ひとえに専門家と言っても、土地や建物は不動産関連の専門家が当該分野となりますので、その道の業者さんに相談することがおすすめです。底地取扱店はまさにこのような相続問題のエキスパートで、関連している法律や法令などにも精通していますので、トラブルでお困りの際にはまず底地取扱店に借地権相続の相談をしてみると良いでしょう。

もちろん弁護士へ相談することも良いですが、つてを辿った信頼できる弁護士さんでないと、相談料を取られるため、コスト面も考慮して底地取扱店を選んだ方が無難です。もしもそれでも解決できない、いよいよ争わなければならないとなれば弁護士に依頼する必要があることも忘れずに覚えておいてください。にじゅくろ

Pocket

- 未分類

どんなトラブルが考えられる?

評価額まずは具体的にどのようなトラブルが発生し得るのかご紹介していきます。相続におけるトラブルとして代表的なのは、物件評価額と相続する財産の分割という問題です。借地権付きの建物を相続する際には、その建物の処分方法が争点になります。つまりそこへ住み続けるという意見と売却した上で売却額を分割していけば良いという意見がぶつかりあってしまうというケースです。仮に住み続けるとしても遺産を相続するのであれば、財産を分割することになるため、お金の話からは逃れられません。ここで重要なのは、物件の評価額です。

評価額が高くなれば遺産が多いということになる、つまり一人あたりに相続されるべき金額が多くなるという話で、たとえば兄がそれほど高く売れるわけではないと主張しても、弟が「いやもっと高く売れるはずだから、もっと多くお金を回せ」と主張して、話がこじれてしまうケースがよく見られます。このようなトラブルを解決するためにはお互いの妥協点を見つける必要があるわけですが、どちらも譲らないと、裁判沙汰にまで発展することもあります。

一般の人が持つ資産のおよそ40%は土地や建物と言われており、相続にはこのようなトラブルが付きものなのです。

Pocket

- 未分類

トラブルの多い借地権付き物件の相続

借地権いくら自宅とは言えども、自分で購入していないというケース、つまり父親が購入した物件ならば息子さんや娘さんがその物件に対して何の情報も知らされていないといった話はよくあります。その土地がどのような土地で、その建物がどのような建物であるか、父親の死後になって初めて分かったといったケースは少なくなく、こういったケースでは遺産の相続におけるトラブルが発生しやすいものです。特にその建物が借地権付きの建物である場合や、借地権付きの土地を持っていた場合にはなおのことトラブルが起こりやすく、遺産相続の現場ではこのような話をよく耳にします。

そもそも借地権とはどのようなものかというと、借りた土地に建物を建てる権利を指します。土地は地主さんから借りて、その土地に一戸建て住宅を建てて住んでいるというケースは近年では少なくなってきましたが、父親や母親の代にはそれなりに多く、したがってその息子さんや娘さんが遺産相続で受け継ぐことになり、今になってトラブルが発生するというケースが多くなってきているということです。借りた土地に建物を建てた場合、その資産はどのようになるのかというと、建物だけは父親の物、土地は地主さんの物というねじれ状態になってしまい、このねじれ状態もトラブルが発生してしまう理由の1つに挙げられます。当サイトでは具体的なトラブル事例と、どのような解決方法が考えられるかという点についてご紹介していきます。

Pocket